Jiraux's novels 小説 - 2006年02月
灰朧 5  (2006年02月23日)
灰朧 4 (2006年02月16日)
灰朧     3 (2006年02月10日)
灰朧     2 (2006年02月04日)
灰朧     1 (2006年02月01日)

灰朧 5

2006年02月23日

(4からつづく=右の「バックナンバー」中の4をクリック)


桜島がまた爆発する。
きょうは、いつもより頻繁だ。
 硝子戸の向こうを斜めに走る火山灰が激しくなり、さっきまで見えていた城山のホテルがかすむ。

 硝子戸脇の安楽椅子に、ラップトップ型のパソコンが載っている。その左脇に、512メガバイトのクリップドライブが刺さっている。
 この長さ4aの棒の中に、3ヶ月余りの青木の行動が記録されている。毎日3人が交代で尾行し、その動きを分単位で漏らさずノートに記録し、それを俺が、毎晩パソコンに打ち込んで積み重ねたのだ。
この棒の膨大な記録の中から、欲しいデータはキーワード入力ですぐに引き出せる。
 キーワードは「▼手薄」だ。
 ボディーガードが、青木の周りに手薄だったすべての時間帯の頭に打ち込んである。

メモリー.JPG
(写真をクリック)


 漆黒の鏡が現れたと思った。
 磨き抜かれた大型ベンツの車体が、まるで黒く燃え上がって発光しているかのように輝いていた。
青木の車だ。

 枝道をゆっくり来て、国道手前の赤信号で止まる。
 目が吸い付けられ、心臓が早鐘を打った。
 張り込みを始めて9日目だった。

 車は国道に入り、山下公園の方へ向かう。すぐに追った。
 ベンツとの間の上り車線には、既にほかの3台が入っていて、すぐ前の車が運転べたでのろかった。ベンツに時々引き離され見失いかけた。

 日曜の朝なのに、道は混雑していた。桜木町でくびれた狭い道を抜け、高速横羽線に入る。
 間の2台は脇道にそれてすでに消え、一台置いて後が俺の車だった。ベンツは東京方面へ向け、速度を上げた。

「タニ、タニ、聞こえるか? いま横羽線だ。東京方面へ向かってる。すぐ来てくれ」
「わかりました」
 携帯電話の向こうで、谷が答えた。

 前日までは、嫌な8日間だった。
 片側3車線の国道を、車がひっきりなしに行き過ぎ、切れ目がなかった。
 その国道の、交差点近くのむこうとこっちで、道路脇に車を止め、朝早くから夕方まで、青木の車を待った。

 1時間ごとに車を入れ替えた。
 同じ車が、同じ場所に長く止まっていれば、怪しまれる。組関係の修理工場から、目立たぬ日本車を、毎日借り換えては使っていた。

 車内で、心を張りつめ、排ガスを吸いながら、何もせず、ただじっと交差点を見張った。
 獲物を待つときめきは最初の2時間ぐらいのものだった。

花再び.JPG
写真をクリック

 関東龍友会一家瀬谷組の青木組長の家は、横浜市中心部の
本牧にあり、土とコンクリートでかさ上げした敷地に建っていた。四方がクリーム色の高い塀で囲まれ、中は見えなかった。
抗争の時には要塞になる造りだ。家族はいない。

 本牧埠頭に近いその要塞から車で出かけるには、交通量の多い国道に必ず出なければならない。
 東京方面への上り車線と、鎌倉方面への下り車線に、1台ずつ張り付けて待てば、逃さずに尾行出来る。
1日2人ずつ、3人が代わる代わる車の中で張った。
(6回へ続く)


posted by Jiraux at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jiraux's novel 小説

灰朧 4

2006年02月16日

(3からつづく=右の「バックナンバー」中の3をクリック)

 駆け出しの頃、俺より一回り年上の代理は、いまの俺と同じ「助出方」で、俺を使いっ走りにして側に置き、この世界の決まり事をいちいち指南してくれた。
 短気で、怒鳴り上げられることもたびたびだったが、反感はもたなかった。
 俺が、命のやりとりを覚悟して、ドスを懐に飲んで出掛け、鉄火な仕事に形をつけて帰って来るまで、代理は、組事務所で、用事があるような顔で、分厚いスケッチブックに何やら描きながら、ひとり待っていてくれた。

 そこで顔が合うと、
「おう、帰ったか」とひとこと言ってから、どこへともなく消えた。
 伝わって来るものがあった。
 それはいつまでも残った。

ダダイズム 石彫.JPG
(写真をクリック)

 料理屋から帰る間際に、あんな余計なことを口走ったのは何故だったか。
「全力でやらせてもらいます。これは、言いにくいんですが、万一うまくやれたら、足を洗わせてやっちゃぁもらえませんか」

 代理は、俺の目をじっと見て黙り込み、しばらくしてから言った。
「それぁ難しい話だなぁ、五郎。青木をやった後だからなぁ。組の根っこを握るお前さんをおっ放すってぇことになる。んん、しばらくおれに預からしてみてくんねぇか。折をみて持ちかけてみよう」

 生きながら死んでいるというのはこういうことなのか。
 俺の目に入る外界は、火山灰に似た、始末におえぬ薄闇がいつもかかり、
 徒労感が、深い。

 振り返れば、
光をつかんだのは、突然露出した俺自身を、一挙に炸裂させたあの瞬間だけだった。
俺の指先のひと揺らぎが、
青光りする目で俺をなめる、爬虫類に似たあの生き物を後ろになぎ倒し、
その後ろにつながるすべてのものをぶっちぎった。
そのとたん、俺は陶酔の中に入った。

まぶたの裏を、朱の光が、かくやくと貫き、
嬉しくて嬉しくて仕方なく、
それが満ち、あふれ、
嬉しさに耐え切れなくなって、
こんどは泣き出したいような、
ごちゃまぜの収拾つかぬ気分の真っ只中に置かれているのだった。

あの時俺は、3,40分も、泣き笑いのだれた顔で、あの場所に突っ立っていた気がするが、
状況を考えると、多分、何秒かの間だったのだろう。

生きるも死ぬも同じだ。
同じことの裏と表だ。俺は、いつ、どうなったっていい、
出来るなら、明日の朝は目覚めないでくれ、と、
眠りにつく前、一人に返って、よく願う。

一人娘の5歳の静は、田舎の母と一緒に住んでいる。
心配をかけ通しだった女房は、ちょうど1年半前に逝った。

 まったく不思議な気がする。
足を洗わせて欲しい、なんてセンチな言い草が、あの時、いったい俺のどこから出たのだろう。
思ってさえいなかったのに、口が動いていた。

ステンドグラス ザグラダファミリア.JPG
(写真をクリック)
(5へ続く)


posted by Jiraux at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jiraux's novel 小説

灰朧     3

2006年02月10日

(2からつづく=右の「バックナンバー」中の2をクリック)

それを命じられたのは、千葉名物の、畑の砂塵が強風にひっきりなしに巻き上げられる、荒々しい冬の日だった。夕日が東京湾の向こう側に沈んで、街の人々がシルエットになり始めた頃、呼び出されて、銚子の古い料理屋に着くと、庭付きの部屋に組長代理がいた。

「お前さんが、あの大学う中退して、うちい来てから、もうだいぶ経つな。かれこれ、15年か?」
どっしりとした卓子の向こうから、正座する俺に聞いてきた。
「14年と3ヶ月です」
「そうか、もうそんな時間がたったか。どうだ、馴染めたかな。渡世に」
「何とか、やれてます」

夜景・闇 プラハ 小説用.JPG
(写真をクリック)

 顎から鼻下にかけて髭を蓄えた、ローマ時代の闘技場に登場してもおかしくない、頑丈な闘士を思わせる代理は、それ以上余計な口はきかなかった。
 石庭に見入って沈黙した後、大きな顔をゆっくり戻して俺を見据え、きついことをつぶやいた。

「龍ノ口の、青木の玉あ、取ってくれるか」
 龍ノ口組の青木六輔組長を、後腐れなく暗殺してくれ。
 そう言っていた。

龍ノ口組は、俺たちの組の上部組織、広域暴力団関東龍友会一家内で最有力の組だ。
青木は、構成員3万人を抱える関東龍友会一家ナンバー2の代貸だ。沖中士から叩き上げた総長は、心臓病で死の床についていた。一家内の多くが、青木を「次の総長」と見ていた。

53歳で身長160a前後と小さいが、重量挙げの選手を思わす体型に切れ長の眼が特徴的だった。
怒ると狂う。その時奴が、ヤッパ握ってたら何があっても近寄るな、と恐れられた。
 1970年代半ばに、渋谷を根城にした新興暴力団、一声会との間で起きた縄張り争い「道玄坂戦争」で、「鉄砲弾」になって先駆けを切ったのが若い青木だった。

 一声会が龍友会の縄張り内のナイトクラブ2階で密かに開いたルーレットの賭場に、青木は屋根を伝ってトイレの小窓から忍び込んだ。ハンカチで手を拭く振りをしながらトイレのドアを開けると、奥のソファに座る胴元に微笑みかけて歩み寄り、腹から引き抜いたワルサーを正面から3発続けてぶっ放した。

 客たちが逃げ場を求めて賭場は混乱し、その隙に、客に紛れたタキシード姿の青木は3階の窓から飛び降りた、という。

 賭場には、右目を撃ち抜かれた胴元が、赤絨毯をどす黒く染め、息絶えていた。
 ここから始まった抗争は、半年後、双方で20人の死者がでたところで、京都の組長が仲裁に立った。龍友会一家が一声会を飲み込むきっかけとなったこの「戦争」で死ぬ気でいた青木は、運良く怪我もせずに生き残り、売り出したのだった。

拳銃 狙う1.JPG

 青木の命を、なぜもらわなければならないのか。望んでいるのは誰か。説明はなかった。
 命じられた仕事を、歯車のひとつになってただ黙々と仕上げる。
 それがこの世界の掟だった。誰が何のために命令を出したのか、という疑問は余計なこと。 機能だけが価値を生むこの世界では、無意味なのだった。

 聞かなくともおおまかなことは分かっていた。
 総長が死にかかり、跡目相続が近いこの時期に、青木と五分の義兄弟の俺の親分が、青木より一枚下の龍友会一家代貸補でいることが絡んでいるのだろう。

 断りを入れるわけには行かなかった。
 俺に仕事を差配した組長代理は、俺の親代わりだ。
 ここで10年余もやってこられたのは組長代理のお陰だ。
(4へつづく)


posted by Jiraux at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jiraux's novel 小説

灰朧     2

2006年02月04日

(1からつづく=右上の「バックナンバー」中の1をクリック)

 俺と谷は、その代わり、2日後の真夜中、プールへ行った。
 コンビニで買った線香2束を100円ライターで点けようとしたが、火がなかなか回らず、金具が熱くなって,落とした。
 やっと点いた線香をプールのスタート台の陰に供え、2人して横たわり、冷えた缶ビールをビニール袋から出して、飲んだ。
 2日後に行ったのは無謀だった。
 そこが付け目だった。
 そんな早く現れると誰が予測しただろう。
 そう読んでいた。

 上空の風が余計なものを吹き払ったか、降り続いた火山灰が空中の湿気を吸ったか、夏にしては珍しく星が瞬いていた。
「こんな真っ暗な水ん中あ泳いで。スギさん、面白かったんかなあ」
 谷が、我慢しきれなくなって沈黙を破った。
 しばらくして、答えた。
「真っ暗な水に浮かんで夜の空見てると、落ち着いてくるって、あいつあ言ってたよ。それえ聴いたら、止めらんなくなってなあ。毎日こうだからサ。『夜の水ん中にやあ、何が出てくるかわからねえから、やめとけや』って、ここまで出かかったっけが、言えなかったよ。あいつの気持ちがよく分かったからなあ」

 夜の小学校は静まり返っていた。
遠くに救急車の繰り返し音、潮騒までかすかに聞こえた。だだっぴろいグラウンド。暗い校舎。明かりひとつなかった。街の光に包囲されて、濡れた黒髪のような闇が、そこだけにある。
校舎の屋根を切る風が、時折小さく鳴った。

小説用・路地.JPG

「スギさん、我慢してましたねえ。あんなに博打好きだから、いつか病気が出るんじゃねえかってあっしゃあ気にかけてたんすが」
 谷が、腿の付け根に下りたズボンのベルトを手と腹でせり上げながら言った。相撲取りのように太っていてベルトが臍のあたりに居着かない。
「2,3年してほとぼりが冷めたら、もらったシマに小さな賭場あ始めてえって、あいつあ言ってたなあ。そのすぐ後で、『兄貴、ありがてえ。いい死に場所、もらったぜ』って言ったもんなあ」

 列車が鉄橋を渡る音がし、やがて向こうに消えていった。
「なんかこう、胸のここにあるなんだかシンネエけど、もやもや熱っついものを注ぎ込めるものが欲しかったんじゃあなかったすかねえ。スギさん、楽しんでたはずっすよ。おれも下りてくる小ヤマあ、毎日こなしてくことの繰り返しがいい加減、嫌んなってましたから、よっくわかるんだよなあ。あの仕事もらってから、いっつも祭りん中ん、いるみてえだった」
 何本目かの缶ビールが開いた。

 交通遺児の元暴走族、口数の多くない谷が、あれからいっそう無口になった。
いつ見ても、細い目が、逆「ハ」の字型になっていて、何かしきりに考え込んでいる。
熊本へ出かけたのは今日の明け方だった。
杉坂の一件を、横浜から飛んで来た組長の側近に報告に行った。
側近は隣県の熊本空港に降り立った。
呼ばれたのは俺だったが、谷が代わって行った。

 このヤマで使ったのは、杉坂と谷だけだった。
 組は10人は覚悟していたらしい。
 殺しはおおごとだ。
 前もって、綿密な積み上げが要る。手間隙かかるというのが相場だ。毎日繰り返される玉の行動を洗い出し、襲撃できるすきを見つけ出さなければならないから。同じ者が尾行を繰り返せば、やがて気づかれる。

 だが俺は、小人数でやるしかないな、と思った。こういうヤマでは、こっちの人数が少なければ少ないほど、攻撃力は飛躍的に高まる。誰にも頼れず、袋小路だから。追い続けるうち、俺たちそれぞれの心の内圧が破裂するまで高まって行く。
それに何人も集めたら口の軽い奴が必ず混じる。
本当は、俺1人でやるのが一番いいのだ。

小説用3.JPG

(3へつづく トップにあり)



posted by Jiraux at 03:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | Jiraux's novel 小説

灰朧     1

2006年02月01日

街の底が白く輝いている。ひどくまぶしい。
ここ、十階のヴェランダから見下ろす俺の眼を鋭い仰角で射てくる。半眼にしても間に合わない。灼熱する太陽光を反射して、街全体が、いまにも発火しそうだ。
まるで何時間も燃え続ける登り窯だ。
白い街を二つに分ける青い曲線は甲突川だ。川向こうのシイやクスノキの葉群が濃緑の島になっている。あれは加冶屋町の公園で、一面に積もった灰で地面全体が砂場のようになっているはずだ。

青空 灰朧1用.JPG
(画面をクリック)

稲妻が空にフラッシュし、1,2秒置いて爆発音が重くとどろく。街の上空が震え、窓ガラスが鳴り、衝撃波が腹の芯に届く。
桜島の噴火だ。
濃紺の鹿児島湾の向こうに稜線をなだらかに伸ばしてそびえている。

あれほどまぶしかった風景がにわかに翳る。火山灰が降り始めたからだ。俺の視野は、灰の分厚いカーテンにあっという間に覆われてしまう。皮膚を灰の粒が撃ち、汗にくっつく。触ったらじゃりじゃりした。
部屋に戻り、窓を全部閉じ、クーラーを入れる。
桜島から離れたこのマンションでさえこれだ。もっと近い天文館あたりは、一瞬で夜になったような激しい降りではないのか。
フローリングの床が、もう、微粒子にうっすら覆われている。火山灰だ。サッシュ窓の、密閉した合わせ目からさえ忍び込む。始末におえない。ほかの部屋も同じだろう。やれやれ。また掃除機だな。

3LDKの部屋は、俺と杉坂、谷で埋まっていたが、いま和室は空き、部屋の隅に積み上げられた下着や色とりどりのシャツの上を、灰の微粒子が薄黒く覆っている。
和室の主、杉坂は死んだ。
5日前の朝、近くの小学校のプールの底に、オレンジの派手な海水パンツ姿で死んでいるのを見回り教師に発見された。

「鹿児島市の小学校のプールで、今朝、身元不明の男性の水死体が発見されました。警察の調べによりますと、男性は30代半ばぐらいで、背中に刺青があり」
テレビのアナウンサーが、昼のニュースでそういい始めたとたん、すべて分かった。
 そんな死に方をした、刺青のある、30代半ばの男といえば、杉坂しかいなかった。杉坂が背負った刺青は、水滸伝の花和尚だった。両目を剥いて、こっちをにらむでっぷりした墨絵が、痩せてカマキリのように湾曲した背中いっぱいに、原色で彫られていた。

 悪い予感があった。
あの日、杉坂は飯当番だったのに、昼を過ぎてもマンションにいなかったから。
 そのプールは、マンション近くにあり、杉坂は前夜、ひそかに泳ぎにいっていたのだった。昼はおおっぴらに出歩けない事情があった。
 2週間ぐらい前だったか、
「兄貴いいだろう? クロールのような音を立てるやつはやんない。平泳ぎだけにするからさあ」
 と、杉坂から、上目づかいの顔で聴かれ、
それほど考えず、
「ああ、いいさあ」
と、答えた。
 夜中に、酔ってプールに侵入し、泳いでいるうちに心臓麻痺を起こしたというのが、警察の推定だった。血液中からアルコール分が発見された、という。

 翌日の新聞でそれを知り、
 本当にそうかな? と疑問が膨れ上がった。
 杉坂は、ここの暮らしを始めてから酒はやめていたから。
酒癖が悪い。酒でみんなに迷惑をかけては、と気をつかったのだ。杉坂が自分から言い出さなければ、俺がやめさせたはずだった。
 野郎、隠れて呑んでたか?
 一度は思った。
 そうかもしれなかったし、そうではなかったかもしれない。
 分からぬ。
 だが、隠し事をする奴ではなかった。
 広くもないマンションで、3人、毎日顔を合わせていた。呑めばすぐにわかった筈だった。

白い街 灰朧1用.JPG

 つっかえ棒を突然外されたような感じが続いている。それが日に日に濃くなっている。
 遺体は引き取らなかった。
 警察に行けば、木更津の俺たちが鹿児島にいるという情報が、業界に矢のように流れるだろう。憶測が膨らんで、最後はあのヤマに結び付けられる。
 杉坂は、警察の警部補だった時に捜査費の使い込みがばれて密かにクビになった過去があった。この社会に入ってからは賭博開帳図利の容疑で逮捕されたから、遺体が誰かは指紋照合で一週間もすれば分かるはずだ。放っておいても、やがて、身内が、あの痩せた杉坂を引き取りにくる。
(2へつづく=右上の「バックナンバー」中の2をクリック)



posted by Jiraux at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jiraux's novel 小説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。