灰朧   9

2006年03月30日

(8からつづく=右の「バックナンバー」中の8をクリック)


「来週殺(や)るぞ……。問題はやった後だ。無事に逃げなきゃいけねえ。2人でスケ(助け)ぇしてくれ。タニは、寺の駐車場で、車のエンジンかけたまんま、中で待っててくれ。ドアぁ、ちょっと開けたまんまでな。殺った後で、俺が中に駆け込む。スギはなぁ。タニんとっから500bの、この石屋の裏だ。ここで、あの地味なカローラで待っててくれ。俺が、タニの車でここまで行って、スギの車に乗り換えるから。これで追っ手をまけるだろうよ。大事なのは慌てねえことだ。荒い運転で、クルマぁ、キーキー音立てたりしたらだめだぜ。目立っちまって、目撃者を増やすからサ」

 青木が毎週通う座禅堂がある寺の、周辺のゼンリン地図を指で突きながら、谷と杉坂に段取りを詳しく説明した後、その足で、
 組長代理の家に行った。
代理は寝ていたが、姉さんに起こしてもらった。
そして、決行の日時を打ち明けた。
 午前1時に近かった。黙ってうなずいた縞のパジャマ姿の代理の目が、1回だけ、壁の灯りを反射して、キラッと光った。

「分かったそうだよ」
 翌朝6時過ぎに、代理が俺の携帯に電話してきた。

 組長に,
代理が、俺が話した実行計画を伝えた。

組長が、
それを聴いた、吉報を待っている、
という意味だ。
これなら、誰が盗聴してても、何のことか分からない。

ガーゴイル 列.jpg
(写真をクリック)


 腹に、ずしりと重しが入った。
 18aの銃身をもつモーゼルの、黒い自動拳銃は、きっかり1`グラムある。
 腹に巻いたさらし木綿の、へその上に差し込んだ。
 墨染めの、前合わせの座禅着がたっぷりしているから、
姿見で見たら腹が少し出て見えるだけで、気づかれる心配はなかったが、参禅者たちの視線はやはり気になった。

 座禅堂に軽く合掌して入り、心持ち顔を左に向けて、青木がいつも座るあたりを、目の隅で探った。
 薄闇の下に、方型になった肉塊があった。
 まるで、黒い布を被せた臼だった。
 左脇にボディガードが静かに座っていた。

豚1.jpg
(写真をクリック)


 2人の真後ろを、通路が縦に走っている。
 距離感を計るために、入口で左折して、その通路を静かに歩き始めた。歩数を数える。
 左折後、12歩目が青木の背中の位置にあたった。

 で、立ち止まって殺るのは、13歩目に決めた。

 俺は、前を向いたままさらに10歩歩き、畳に上がり、面壁して結跏趺坐(けっかふざ)した。

 座禅は3回ある。
 決行は、2回目の座禅の始まる直前と決めた。

 歩き始めて13歩目で左を向く。

 腹から引き抜いた自動拳銃の銃口を、
 青木の右後ろから、
 その背中にすえ、
 右人差し指でトリガーを引く。

 弾丸は1秒間に5発の速度で連射される。

 マガジンの20発の弾丸は、4秒で撃ち尽くされる。
 4秒の間に、銃口を左に少し動かせば、
 危険なボディガードも同時に食える。
(10へ続く)



posted by Jiraux at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jiraux's novel 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15787517
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。